KIWI HOUSEの歴史 2001年04/07/2017

image1711左がけんちゃん。 右は ○○さん。 (ごめんね! 名前わすれた・・。 Kiwi House Three に住んでいた 優しいお兄さんでした。 もし これをみましたら ○○さんの所に名前を入れますので 是非お知らせ下さい。 お願いします。

けんちゃんは 2001年の人なんですが なぜか 2002年の今でも Kiwi Houseにいる。(彼は多分 一番最初にKiwi Houseに登場したのは 2000年の末だと思う・・。) 気が付くと いや Kiwi Houseがワンサカと賑やかになると 彼が登場してる。 別名「パーティ男」 いや 「バーベキュウ男」でも いいかな・・。 まー 彼が登場すると その辺のヤツラ全部 Kiwi House One ・ Two ・ Three と 全部を纏め上げ ドンちゃん騒ぎが始まる。

岩手県 滝沢村出身である事は Kiwi Houseの連中の中でも 有名。 なのに カントリーボーイ(つまり 田舎もの)には 似つかわしくなく おとなしい訳でもなく 「パーティー男」なのだ。

彼はみんなの家来的 行動なのに いつの間にか沢山の人が 彼の発想した イベントに参加している。 で みんなもよく動くが 本人自らでも よく動く。 あの統率力+人気は どこから 湧きあがってくるのか 不思議で仕方がない。

けんちゃんは チャリダーでもある。 ニュージーランドを チャリで 回って久しぶりにKiwi Houseに戻ってきた時にはタマゲタ! 色が真っ黒になっただけではなく 顔から体中が引き締まり 「カースト・アウェイ」のトム・ハンクスばりの 変身振りだった。 けんちゃんの態度振る舞いは 日本人だけを集めるのではなく 何処の国の人でも(他のアジア人・ 西洋人)でも 集めてしまう。

その技の決め手に 彼の トランプ手品。 彼の手品を見る前は 「どーせ シロートのお遊び」 位の目で彼を見ているが だんだん みんなの目が輝きだし 「けんちゃん バカにして ごめんなさい!」という感じに変わってくる。

image1721左から Mark その次が Markの彼女 Coco (彼女のなまえは チョコのセリオ 「CoCo」から来ている。 Cocoは手芸の天才! お人形作りから 刺繍 毎日せっせとウツクシイ 小物を作っていました。 私にも彼女の手製の刺繍を可愛い額に入れてプレゼントしてくれました。

そうそう あの頃ドイツから来た かわいいお人形のような顔をした 姉妹がKiwi Hosueに住んでいましたね。 その3姉妹も みんなに打ち解けて毎日せっせと ワーホリ的行動を共にしていました。

けんさーーん! 元気かー?! (右端で黒いセーターを着て Mayちゃんを抱いている)。 音沙汰ないけど・・。 彼はMayちゃん(猫)の育ての親。 いや実の父親と言っても過言ではない人です。 まだ産まれて6週間しかたっていない Mayちゃんを 育てました。

夜になると 彼は自室に Mayちゃんの餌 水 おしっこ・ウンチ箱を持っていきます。 彼の部屋にあるものは 全て!Mayちゃんのオモチャになってボロボロ。 夜中寒いもんだから Mayちゃんは けんさんの布団にもぐり込み けんさんは 小さいMayちゃんを潰しては行けないと MayちゃんをMayちゃんのベッドに戻す。 それを 毎晩 一晩中繰り返し けんさんは一時「育児ノイローゼ」にもなりました。

でも 彼が帰国の時 Kiwi Houseを去り Mayちゃんを置いて行かなくちゃーならない瞬間は 涙ものでした。

image1741よーこママ 前列の左端。 彼女が Mayちゃんの産みの母(といってもいい)。 けんさんと 二人三脚で ホントによく Mayちゃんの乳飲み子時代を お世話してくれました。 よーこママは Kiwi Hosueを離れて オーストラリアのワーホリに行きましたが その間も マメに メールをよこして Mayちゃんの 様子をきいてました。

よーこママ Mayちゃんは 元気ですよ。 で みーんなに 可愛がられて 育っています。 どーも 彼は平和主義で MayちゃんがKiwi Houseに来る前から Kiwi Hosueの敷地内をうろついていた 猫ちゃん達を 追い払おうとせずに 仲間に引き入れてるような 行動です。 挙句には Mayちゃんの餌を 他の猫と並んで 食べている様子が よくみられるそうで・・。 それも いつも同じ猫と言う訳でもないとか・・。

噂によると 他の猫を孕ませ 扶養義務を感じて 餌を分け与えているとか みんなは言ってました。 今の所 Mayに似た子猫は 回りに見当たりませんので ガサネタかもしれません。

ダンスの女王! チエミちゃん(後ろの列の一番左でMayちゃんを抱いてる)。あなたがダンス発表会の後 布団にもぐり込んでいたのを忘れられません。

私は彼女のダンス発表会を 観に行ったのです。 で あまりの素晴らしさに感激し 思わずデッカイ花束を持って Kiwi Houseに 「素晴らしかったよ!」を言いたくて行ったら なんと! 彼女自身は あまりの満足の行かない出来で しょげ返り 布団にもぐり込んで 泣いていました。 でも 私の持って行った花束に気を取りなおしたのか その日 以降のダンスは 全て 彼女の満足の行く出来映えで よかった! よかった! となりました。

この写真に写ってるみんな! お便り下さい。 みんな のりさんは 一人一人の人生ドラマは 心に強く刻み込まれているけれど 名前が出てこんのよ! ごめんね! でもKiwi Houseでの事、 一緒に語りあった事は 忘れないよ!

 

カテゴリ: KIWI HOUSEの歴史